妊活中には

妊活中には食事の内容にも気を配りますが、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。

妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。これらはノンカフェインなので、いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になるという話ですから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している成分ですよね。

普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食べ物から摂るのも辛い時もありますよね。

そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。葉酸はサプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで不足しがちな葉酸もちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。

皆さんご存知のように、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリを飲むときには、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、妊活中の女性もサプリの利用を考えてみてくださいね。

野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜に多く含まれています。

妊娠後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。

葉酸は胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるという報告があります。毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を推奨します。

妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。
葉酸は胎児の健やかな成長を促すために重要な働きをする栄養素なのですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害などを発症するリスクが高まると知られています。それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を心がけてください。

亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。

妊活中にも、亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。妊娠を希望している女性だけでなく、男性が摂取した場合、精子が活性化することを助けてくれるのです。妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみてください。

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。
とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が良いとされています。効率的な摂取のタイミングは、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。
食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。

胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れるという報告もありますから、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。